講師紹介

井上 瞭 / Ryo Inoue

プロフィール

茨城県取手市出身の
ドラムス&パーカッション奏者
ドラム講師
Orange Drum Salon 代表

ホームページ
"ドラム部!!"Ryo Inoue Official WebSite

小学校の時にマイケルジャクソン、
YMOの音楽に衝撃を覚え、
ドラムをやってみたいと思うようになる。

中学校に入学、吹奏楽部に入部し、
パーカッションパートを担当。
コンクールやアンサンブルコンテストを経験。

地元の高校に進学、吹奏楽部に
パーカッションパートで入部。
コンクールやアンサンブルコンテストを経験。
また、県の選抜吹奏楽団のメンバーに選ばれ、
全国総合文化祭長崎大会に出場する等の成績を残す。
高校時代に"手数王"菅沼孝三氏の存在を知り、
本格的にドラマーを目指すきっかけになる。

大学に進学、バイオマテリアル専攻。
学生生活を送りながら、学内外の楽団、
バンド、アーティストでのドラムス、
パーカッションのサポート演奏や
ドラムに関するレッスン、アドバイスの活動を行う。
サポートでは有名アミューズメント施設での演奏、
TV出演、メジャーアーティストの
バックバンドを経験する。

ドラムスを"手数王"菅沼孝三、辻和也
今井義頼(有形ランペイジ)に師事。

現在は演奏活動に加え、
「音楽の素晴らしさを音楽を
"体感"することで伝えていく」
事をモットーに、個人、大手音楽教室、
教育機関でのレッスン活動を行なっている。


ホールでの演奏

ライブハウスでの演奏

パーカッションの演奏

ミュージックビデオ撮影にて

最も尊敬するドラマーの一人、
DaveWeckl氏と
2015/9/23
The Dave Weckl Acoustic Band
Blue Note Tokyo 公演にて


師匠である
菅沼孝三さん(中央)と
今井義頼さん(右)