スポンサーリンク

4ヶ月ぶりのグループレッスン!
生徒さんがたくさん増えました!

こんにちは!

Orange Drum Salon
ドラム講師の井上です!

さて、実に4ヶ月ぶりの
グループレッスンでした!

コロナの影響で施設が使えず、
2月を最後にグループレッスンが
ストップしていました。

その期間はどうすることもできず。。
生徒さんにはご迷惑おかけしました!

しかし、そんな中でもじわじわ
生徒さんが増え続け、

なんと!
生徒数が2ケタ突破しました!🎉

もう本当にありがたいことです。

そしてドラマーデビューおめでとうございます!👏

これからたくさん面白い音楽の世界を
一緒に見ていきましょう!✨

今回のグループレッスンではそんなフレッシュな
生徒さんたちの顔ぶれとなりました!🤗

レッスンリポート!

まずはウォーミングアップから!
「チェンジアップ」

始めに練習パッドを用いた簡単なウォーミングアップ!

僕のレッスンで必ず最初にやる練習メニュー、
「チェンジアップ」をやります!

内容はいたって簡単。

4/4拍子で2小節ずつ、
4分音符→8分音符→3連符→16分音符
と移行し、3連符→8分音符→4分音符
というふうに戻ってきます。

早い音符になるにつれて
叩くのがきつくなってくるので、

腕を効率よく使ったり、スティックの振り幅を
調整して、無理なく音符を叩き分けます。

曲に出てくるパターンをパッドでおさらい!

続いて、曲に出てくるドラムパターンを
パッドで確認していきます。

ここで実際のドラムセットを叩く
イメージを養うことで、ドラムセット
への移行が容易となります。

実際にドラムを叩いてみよう!

パッドで手足の確認ができたら、
いざドラムセットへ!

ドラム、シンバルの慣らし方の
ポイントを実演しつつ、
生徒と一緒に叩いていきます!

始めはゆっくり、徐々に早くして
曲の速さで叩けるようにしていきます。

曲に挑戦!
今回はマイケルジャクソン祭り!
1曲目「ビリージーン」

パターンがドラムセットでできたら、
いよいよ曲にチャレンジ!

今回はマイケルジャクソンの曲を!

1曲目は「ビリージーン」

ムーンウォークのダンスで有名な曲!

ドラムのビートはシンプルな
エイトビートですが、

曲の出だしのドラムだけで
「あっ、ビリージーン始まる!」

と分かってしまうぐらいの
とても印象的なドラムから曲が
始まります。

今回は「曲に合わせてビートを叩く」

ことが目標でしたが、

今後は

「何がビリージーンたらしめるビートになるのか」

を考えていけると、ドラマーとしてレベルアップして
いくと思います!

この辺は個別のレッスンで解説していきますね♪

2曲目「ビートイット」

ビリージーンよりも少しテンポが
早めな曲です。

こちらも曲に合わせて
ビートを叩いてもらいました!

ドラムに慣れている人には
足のパターンにも挑戦!

みんな一生懸命叩きました👏
ナイスドラムでした🥁

以下、余談。

「Beat It」

実は、僕が小5の時に初めて聴いて
どハマりした曲です。

音楽に目覚めたきっかけの曲です。

でも最初はドラムじゃなくて、ギターでした(笑)

しかも演奏しようとは思わなかった。

とにかく、「カッコイイ!!」だけ(笑)

そう、ラストのサビ前のギターソロが
半端じゃなくカッコいいのです。

いまだにシビれます。

エディ・ヴァン・ヘイレンのギターソロ。
(エドワード・ヴァン・ヘイレン)

後半の畳み掛けるようなライトハンド
がたまりません!

でも今回のレッスンではそこの場面、
出てきていません(笑)

お家で是非聴いてみてくださいね!

次回のドラマーコース!

2020/7/26(日)
場所:取手福祉会館3階 会議室E
時間:18時〜21時

無料体験レッスン実施中!
ぜひ気軽に遊びに来てください!

先着5名様まで。

ご予約はお早めにどうぞ!

https://reserva.be/orangedrumsalon

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう