スポンサーリンク

習い事に、「ドラム」という選択肢!

こんにちはこんばんは!
ドラム講師の井上です。

さて、8月にオープンしたての当教室ですが、
ありがたいことに生徒さんが増えてきました!

中でも、キッズ(小学生)の入会が目立っています。

きっかけとしては、

「音楽(バンド)が好きでドラムをやってみたかったけど、
気軽に習えるところが無かった!」

「ドラムの演奏動画を見ていて、やってみたくなった!」

などなど。

楽器の習い事、というとピアノやバイオリンなど、
クラシックでの楽器が多かったのですが、
最近は「バンドブーム」「動画ブーム」
ということもあり、ポピュラーミュージックで
演奏する楽器を習うという選択肢が増えてきました。

どんなレッスンをしているの?

Orange Drum Salonでは、初心者、経験者、年齢問わず
全ての方を対象にレッスンしております!

初心者の方には、音符の読み方、楽譜の読み方などの
音楽の基礎知識から、スティックの持ち方、構え方、
腕の振り方や、ルーディメンツと呼ばれる
ハンドテクニックなど、ドラムの基礎となる
部分を順にレクチャーしていきます。

そして、曲を通じてドラム、音楽の理解を深めていきます。
難しい曲は簡単アレンジで!

小さいお子さんでもわかるように
言葉を選んで説明していきます(o^^o)

実際のレッスン模様。
この日は音符の読み方と叩き方をレクチャー!

ドラムの目指すゴールは?プロ??

音楽に関わらず、習い事をやっていると、必ずこの問題に
ぶつかることがあります。

親御さんによっては、
「プロに育ててください!」
と言う方も少なくありません。
やはり、お金を出している以上は
結果、形として残したいものはあると思います。
(もちろん、お子さんのため、というスタンスでのお話)

結論から言うと、それは

「夢中であり続けられるかどうか」

が全てだと思っています。

僕の知人のミュージシャンを見てみていても、
ずっと夢中になってドラムをやっていたら
気づいたらプロミュージシャンとして活動していた

という方が多いように思えます。

では、「プロにならなくてはいけないのか」
といえば、そうではなく、

「ただドラムが好き」
「何か得意なことを1つ作りたい」

「ボケ防止に良さそうだから」
身体を動かすから健康に良さそう

ぐらいの気持ちで全然良いと思います。

そしてやっていく中で、
ドラムを通じて自分の中で「これならできる!」
という、「自信」「成功体験」を養っていければ
良いなと思っております!

この経験は今後の人生で必ず役に立っていく事だと
思います。

こちらもキッズのレッスン。
2回目のレッスンでドラムの「フィルイン(おかず)」
に挑戦!

どれくらいレッスン通えば良いの?

基本のおすすめ

月3回+ドラマーコース(グループレッスン)

です!

☆月謝

【大人】
基本コース月3回
+ドラマーコース=¥17500

【0歳〜大学生まで】
ならいごとコース月3回
+ドラマーコース=¥16000+税

熱心に取り組みたい方!

月4回+ドラマーコース

週1ペースで充実したレッスンを受けることが
できるので、早く上達したい方にはオススメです。

☆月謝

【大人】
基本コース月4回
+ドラマーコース=¥21500+税

【0歳〜大学生まで】
ならいごとコース月4回
+ドラマーコース=¥19000+税

もちろん講師スケジュールによっては
それ以上受けていただくのもOK!

大人数でも安心!
兄弟、親子で入会だとさらに割安に!

ご家族の中で複数人受講だと、
月の月謝が
1人あたり¥1000OFFになります!
ドラマーコースも¥1000OFFで受講できちゃいます!

例:2人で入会の場合】

基本コース&ならいごとコース
¥2000 OFF!
【ドラマーコース】
¥2000 OFF!

合計¥4000もOFFに!


無料体験レッスン随時実施中!

体験レッスンは随時実施しております!

30分のレッスンは

「とりあえずドラムを叩いてみたい」
「8ビートを教えて欲しい」
「あのフレーズどうやっているのか教えて欲しい!」

というような、ご希望に沿った
ワンポイントレッスンもOKです!

こちらからお好きな日程で予約できます。

https://reserva.be/orangedrumsalon

今だと平日は

火、水、金曜日

休日は

日曜日

が通いやすくなっております。

今ならまだ空き枠がありますので、
希望の日時で通いやすいと思います!

ぜひお気軽に遊びに来てください!

ドラマーコースも見学無料となっております。

少しでも気になったら、やってみたいと思ったら、
行動した者勝ちです!

それでは、お待ちしております!\(^o^)/

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう